転職

給与が下がった!介護士の生活を守れないような施設は、とっとと辞めた方が良いと思う理由

介護士の生活が守れない施設は、とっとと辞めた方が良いと思う

こんにちは!介護福祉士のともひろ(@tomohiro_care)です。

僕は現在、介護老人保健施設のデイケアで正社員(常勤)として勤務しています。

しかし、冬の賞与(ボーナス)が出なかったこと、給与が引き下げられたことなどから、他の職場に移ろうかと考えるようになりました

業績不振だからという理由でしたが、賞与がでないのは致し方ないにしても、給与までもカットされるとなると、今のまま働き続けて良いものかと考えてしまいます。

ましてや、今回引き下げれれた金額は5万円です。1,000円や2,000円の引き下げとは訳が違います。生活にもろに影響してきてしまう金額です。それを入職2ヶ月目にやられたので、面接時の話と違うじゃないかとなるし、この施設は介護士の生活なんてどうでも良いんだなと思ってしまいました。

今回の記事では、介護士の生活を守れないような施設は、とっとと辞めて転職したほうが良いと思う理由をお話したいと思います。

今の職場と収入について

僕は現在、埼玉県内にある介護老人保健施設で正社員(常勤)介護士として勤務しています。

介護老人保健施設に勤めていますが、デイケア勤務なので夜勤はありません。8時から17時の日勤帯のみ勤務しています。

休みは日曜日固定休+αで、月に9日あります。希望休は月に3日まで申請できます。

給与は、基本給+資格手当+その他様々な手当が付いて総支給額は30万円ほどあります。この様々な手当の中に調整手当5万円が含まれていて、今回の給与カットは、この調整手当を一律0円にするというものでした。

給与を引き下げられるまでは、日勤のみの勤務で、しかも日曜日固定休。日勤帯のみの勤務ではあり得ない額をいただいていると思っていました。

これだけの給与をくれるデイケアは他にないでしょうし、今の施設に転職して良かったと思っていました。

給与が一気に5万円も引き下げられる!僕が施設に不信感を抱くようになったきっかけ

僕が施設に対して不信感を抱くきっかけとなったのは、以下の2つの出来事があったからです。

  • 給与が5万円も一気に引き下げられた
  • 賞与が支給されなかった
  • 求人には退職金の記載があるが、就業規則には支給しない旨が書かれている

特に給与引き下げと賞与の支給無しのダブルパンチを食らった時には、本気で施設に不信感を抱き転職活動を行いました。

しかし、転職活動中に転職支援サイトのコンサルタントさんから入職して間もないので、また転職するのは良くないというお話をいただきました。

また、施設から給与を戻すのでデイケアのリーダーとして他の職員のまとめ役になって欲しいというお話をいただき、その時行っていた転職活動は一旦保留にし、現在に至っています。

不信感再び。今度はリハビリ職の給与が引き下げられる

冬の賞与は出なかったけど、給与は戻ったし、夏の賞与は支給できる見込みという会社の説明を信じて、日々の仕事に励んでいたときに、再び施設に不信感を抱く事件が起きました。

前回の給与引き下げは、利用者人数が伸び悩んでいるデイケアの正社員(常勤)のみだったのですが、再び給与引き下げの話がありました。

今度はリハビリ職に。しかも、リハビリ職は基本給を5万円引き下げるという話でした。

僕の働く施設は、入所定員100名、通所定員30名の施設です。

通所(デイケア)の平均利用者は1日あたり15名ほどですが、入所は満床状態が続いています。それほど悪い経営状態になりそうもない数字だと思います。

にも関わらず、今回のリハビリ職の給与引き下げには、この先の施設運営に対する不信感を抱かざるを得ません。

今の稼働率で、職員の給与を5万円も引き下げなくてはならない運営をしているなんて正直ヤバいと思ってしまいます。

もう不信感しか有りません

介護士の生活を守れない施設はいらない

上記のような理由から僕は、今の施設に対して不信感が日に日に増しています。

月に5万円もの給与を引き下げるなんてありえません。

今の施設が、他の施設に比べて全体的に給与が高いのはわかります。しかし、一気に5万円も引き下げられてたのでは、生活が崩壊する介護士もいると思います。

たとえば、この5万円があるからワンルームを借りて一人暮らしを始めようとか。車を購入しようなどと考えている介護士がいたかもしれません。

そのようなことを考えずに「業績が悪いから給与を減らします」では、施設に対する不信感が増すばかりです。

それどころか、仕事に対するモチベーションが下がり、巡り巡って利用者離れを引き起こすことにもつながると思います。

より良い介護をするためには、介護士自身の生活が安定していることが大前提です。介護士一人ひとりの生活を守ることができないような運営をしている施設は、とっとと辞めるべきだと思います。

自分の生活があっての介護です。自分の身を削ってまで行うような仕事ではありません。

自分の生活を守るためにも、こんな施設はとっとと辞めましょう!!

転職するなら転職支援サイトを利用しよう!

じゃあ、今の施設を退職して新しい施設に転職しよう!と思っても、自分一人で活動するには限界があります

ハローワークに行ったり、新聞の折り込み求人、求人冊子を見たりすれば、多くの施設が求人を出しています。

しかし、職場の雰囲気や人間関係、休みの取りやすさなどは、求人の文字だけを見ても、なかなか分かるものではありません。

求人広告には、「残業はほとんどなし」と書いてあったのに、実際には違った…なんてことがあります。

そこで、利用したいのが転職支援サイトです。

転職支援サイトを利用すれば、コーディネーターさんを通してこういった文字からは分からないことも知ることが出来ます

離職率や有給の取得率、その他自分では聞きにくいことや給与額の交渉まで、さまざまな疑問や要望に応えてくれるので、転職支援サイトを使わないのは損です。

もし、あなたが転職を考えているなら転職支援サイトを利用することをお薦めします

おすすめの転職支援サイト

僕がおすすめする転職支援サイトはかいご畑です。

特徴は、かいご畑を利用して転職した場合、介護系の資格を無料で取得することができるところです。

もし、あなたが現在無資格なら、最初の資格として初任者研修を。もし、初任者研修を持っているならば、実務者研修や介護福祉士の受験対策を無料で受講できちゃいます!!

介護系の資格は、取得するのに10万円以上かかります。

しかし、かいご畑を利用すれば、それらの費用が0円になり、無駄な出費をしなくて済むので経済的に非常に助かります

また、短時間や残業なしなどのワークライフバランスを考えた求人が多いのも特徴です。介護の仕事は、サービス残業が当たり前になっている施設が非常に多いですが、かいご畑を利用すれば、そのような施設に就業せずに済みます。

また、あなた専任のコーディネーターが、あなたの要望をとことんまで聞いてくれます

細かすぎると思われるほど、細かい条件や要望を伝えることが、転職を成功させるポイントです。どんなに細かい要望でも、しっかりとコーディネーターさんは聞いてくれます。恥ずかしがったり、億劫がらずに要望は伝えましょう。そうすればあなたの希望する施設に転職できる可能性が高まります。

もし転職を考えているなら資格取得費用が完全無料のかいご畑がおすすめです!!

無料で資格を取得する公式ページ

さいごに

より良い介護をするためには、介護士自身の生活が安定していることが前提です。

その為には、ダメだと思った施設には早めに見切りをつけて、より良い環境の施設に移るべきです。

よく利用者のことを考えると、なかなか他の施設に移れないということを言う人がいますが、利用者さんはあなたの面倒は見てくれません。自分の生活は自分でしなくてはなりません。

そのためには、より良い環境・条件の施設に移るのは当たり前のことだと思います。

ダメだと思ったら早めの行動です!!

ABOUT ME
アバター
Tomohiro.K
介護業界に転職して5年目になる新米介護福祉士。日々の介護業務の気付きや資格・転職情報など、介護に従事する方々に向けたブログ運営をしています。